tonggumeiliのbolg

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shiga.areablog.jp/tonggumeili

日本の加熱式タバコ製品の人気が高まっている

フィリピン禁煙グッズ電子タバコ産業協会のジョーイ・ドゥレイ会長は、「世界喫煙フリー財団(World Smokefree Foundation)」が委託した2018年の喫煙状況調査によると、近年、電子タバコ小型と加熱式タバコ製品の加熱により、喫煙率の低下が加速している。2005年には日本の男性の49%、女性の14%がたばこを喫煙しました。 過去10年間で、国の喫煙率は全人口の18.2%に減少しました。

調査では、喫煙に伴う健康リスク、伝統的なタバコ製品の高額費用、日本のベイプ初心者の清潔さへの意識がますます高まっていることから、日本の加熱式タバコ製品の人気が高まっていることが示されました。

国際タバコの巨人フィリップ・モリス・インターナショナルは、2月8日に4つの四半期報告書を発表した。禁煙グッズ電子タバコの使用促進のデータは目を見張るものだった。ベイプ初心者使用者の数は2016年の140万人から2017年には470万人に増加し、235.7%以上増加した。2017年には、電子タバコ小型や加熱式タバコの出荷数量は362億件であり、2015年と2016年の対応出荷台数はそれぞれ396百万と74億であり、複合年次成長率は121.2%であった。

米国食品医薬品局(FDA)のトリプタイテ技術顧問であるTPSACは、加熱されたたばこや電子タバコ小型が伝統的なたばこに比べて有害成分を大幅に削減し、米国市場への参入前の監査が秩序ある方法で進められたことを認めている。 世界の禁煙グッズ電子タバコの消費者は喫煙者の約2%を占めており、将来的には巨大な市場空間があります。

ブラジル、フランス、ギリシャ、イスラエル、インド、日本、レバノン、マラウイ、ニュージーランド、ロシア、南アフリカ、英国、米国の13カ国で、17,000人以上の成人喫煙者、喫煙者、ベイプ初心者、非喫煙者が参加しました。
「喫煙状況調査のデータは、各国の意思決定者がより良い科学やたばこ規制のキャンペーンを推進し、最終的により良い規制を達成するのに役立ちます」とYach氏は述べています。フィリピンのスモークスモークユーザーやベイプ初心者は、標準化された加熱式タバコ製品や禁煙グッズ電子タバコの使用を許可し、日本のように急速に喫煙率が低下することを願っています。



滋賀

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shiga.areablog.jp/blog/1000268019/p11733620c.html
tongggumeiliのブログ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
tonggumeili
プロフィール
日記,写真
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 39
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[渋谷] ayaneの日記
[中野・高円寺] signalblqueu…

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード