癌と免疫力

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shiga.areablog.jp/fprblog0068y

家具に使われる日本の木材

■ 洋家具の代表的な樹種であるナラは、木目が日本人好みで美しく耐久性も高いためフローリングに多用されております。また、家具用材としても評価が高く高級家具に使用されています。


■白神山地の世界遺産で有名なブナは、木肌が白く細かくて弾性に富んでいることから、曲げ木に最も適した木材です。かつては狂いやすいため、家具用としては使われませんでしたが、今日では、乾燥技術の進歩により楽器や家具などに多用されています。広葉樹の中で最も多くポピュラーで、日本全土に生えております。


■ケヤキは、古木ほど優雅な木目が表われるため、その美しい文様は古来より日本人に愛されております。その家を守り、繁栄させると言われていることから、神社や仏閣だけでなく床の間や大黒柱などに広く使用されております。


■タモは、木目の美しさを生かした和家具に使われております。粘り強い性質のため、同属のアオダモがバットに使われております。ケヤキに比べ木目はやや細かいですが、ケヤキの代替え材として多く使われています。


■センの材質は白く柔らかく、木目がケヤキやタモに似ているので、これらの代替え材として和家具に多く使われています。また、一般的な家の床の間にも多く使われています。


■キリの材質は白く軽く柔らかで、吸湿・吸水性が良いため、火災などで放水されると水分も多くなり燃えにくくなります。また、狂いにくく防腐効果もあることから、昔から、着物を収納する婚礼タンスの材料に使われております。


■サクラは静かな木目で木肌は細かいのが特徴です。真直ぐ成長することなく、途中で枝分かれするため、幅の広い材料や長い材料がとれず、家具用材としての使用はほとんど無いと言えます。
■カバは、サクラの木肌と似ているため、カバ材で作られた婚礼用家具はサクラ(商品名)と呼称されております。木材の市場では、カバとサクラの明確な区分がされていないと言われております。


家具選びのポイント


家具

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shiga.areablog.jp/blog/1000075790/p11721838c.html
暮らし | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
光熱費を効率的に節約するには
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
癌と免疫力の関係について解説
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 2329
コメント 0 2
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク